トップ > 五輪 > リオ五輪 > リオ五輪一般ニュース

孫のメダル獲得に歓喜し死去、タイ重量挙げ選手の祖母 リオ五輪

2016年8月8日 20:36 発信地:バンコク/タイ

このニュースをシェア

孫のメダル獲得に歓喜し死去、タイ重量挙げ選手の祖母 リオ五輪
1/2
リオデジャネイロ五輪、重量挙げ男子56キロ級で銅メダルを獲得し、表彰式に臨むタイのシンペット・クルアイトーン選手(2016年8月7日撮影)。(c)AFP/GOH Chai Hin

【8月8日 AFP】リオデジャネイロ五輪の重量挙げ男子56キロ級で銅メダルを獲得したタイ代表のシンペット・クルアイトーン(Sinphet Kruaithong)選手(20)の祖母が、8日の試合の生中継を観戦し、孫のメダル獲得に歓喜しているさなかに倒れ、亡くなった。

 インターネット上で拡散した動画によると、祖母のスビン・コンサップ(Subin Khongthap)さん(84)はクルアイトーン選手の地元、タイのスリン(Surin)県で行われた観戦イベントで試合の生中継を見ていた。だがスビン・コンサップさんが倒れると、ファンらの歓喜で沸いていた会場はたちまち悲劇の舞台と化した。

 現地の警察関係者は「第一に考えられる死因は心臓発作だが、病院の検査結果を待たなければならない。興奮しすぎたのか、何らかの病気にかかっていたのかは分からない」と述べた。

 試合前、地元メディアの取材を受けたスビン・コンサップさんは、孫がいないことは寂しいが五輪出場に大喜びしていると答え「応援してるわ、ファイト!ファイト!って。孫には会いたいけれど成功してほしい。この国のために金メダルを持ち帰ってほしい」と語っていた。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

五輪 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>