【6月1日 AFPBB News】縄やひも、帯などを使い、人体を縛りあげ拘束する「緊縛(きんばく)」。アンダーグラウンドな性的嗜好(しこう)という枠を超え、日本発のエロティック・ボンデージ・アートとして、近年海外でも認知を広げている。世界各国でショーやワークショップを行う「一鬼のこ(Kinoko Hajime)」も注目されているロープアーティスト、緊縛師の一人。

「花札」をテーマにした新作の撮影現場と、彼の主宰する緊縛レッスン「一縄教室(IchinawaSchool)」の様子を追った。 (c)AFPBB News/Fuyuko Tsuji

■関連記事
緊縛師、「一鬼のこ」が見せるロープアートの可能性