トップ > ニュース > 戦争・紛争

シリア・イラク各政府軍、IS掌握都市の奪還へ前進

2016年3月25日 18:47 発信地:ダマスカス/シリア

このニュースをシェア

シリア・イラク各政府軍、IS掌握都市の奪還へ前進
1/3
イスラム過激派組織「イスラム国」が掌握しているシリア中部の古代都市パルミラの郊外にあるカタール王族所有の邸宅前に集まったシリアの親政府派部隊の兵士たち(2016年3月24日撮影)。(c)AFP

【3月25日 AFP】イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が掌握しているシリア中部の古代都市パルミラ(Palmyra)に24日、シリアの親政府派部隊が進行した一方で、イラク軍は同国北部モスル(Mosul)への攻撃を開始した。両都市はISが主要拠点としてきた都市で、ISに対する圧力が強まっている。

 在英の非政府組織(NGO)「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」によると、今月初めから砂漠地帯での作戦を開始していたシリアの親政府派部隊は、空からはロシア軍戦闘機、陸上では同盟関係にある民兵部隊の支援を受け、パルミラへ進行した。

 露国防省は、露軍戦闘機が20~23日にかけてパルミラ周辺の「テロリスト関連の標的」に対し、計146回の空爆を実施し、320人の「テロリスト」を殺害、司令拠点6か所、弾薬庫2か所を破壊したと発表した。

 一方、イラクでは同国内のISの主要拠点と化している第2の都市モスルに対し、攻撃を開始したことをイラク軍が発表。イラク軍はこれまでに、ISが掌握しているケイヤラ(Qayyarah)と、米国の支援を受けるイラク部隊が集結しているマフムル(Makhmur)間にある4つの村を奪還したとしている。(c)AFP/Maher Al Mounes with Rouba El Husseini in Beirut and Ammar Karim in Baghdad

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>