トップ > ニュース > 戦争・紛争

イエメンの民間人犠牲者、原因の大半はサウジ主導の連合軍 国連

2016年3月18日 22:20 発信地:ジュネーブ/スイス

このニュースをシェア

イエメンの民間人犠牲者、原因の大半はサウジ主導の連合軍 国連
イエメン首都サヌアのスラム街で、サウジアラビア主導の連合軍による空爆で数か月前に破壊された自宅の前に立つ子ども(2016年3月12日撮影、資料写真)。(c)AFP/MOHAMMED HUWAIS

【3月18日 AFP】国連(UN)は18日、サウジアラビア主導の連合軍がイエメンで最近行った複数の空爆による「大虐殺」を非難し、イエメンでの紛争において民間人が亡くなったのは、大半の場合、連合軍によってもたらされていると述べた。

 ゼイド・ラアド・アル・フセイン(Zeid Ra'ad Al Hussein)国連人権高等弁務官は声明で「数字を見る限り、連合軍に起因する民間人の死亡者は、連合軍以外のすべての部隊に起因する民間人の死亡者の2倍に達しているとみられる」と述べた。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>