【3月11日 AFP】フランス西部サンナゼール(Saint-Nazaire)で10日、世界最大の客船「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ(Harmony of the Seas)」の初の試験航行が始まった。>> 記事全文へ

【3月11日 AFP】フランス西部サンナゼール(Saint-Nazaire)で10日、世界最大の客船「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ(Harmony of the Seas)」の初の試験航行が始まった。試験航行は、3日間にわたって行われる。

 サンナゼールにある造船所で2013年9月から建造が進められてきた同船は、重さ12万トン、高さ70メートルで16デッキあり、全長はパリ(Paris)のエッフェル塔(Eiffel Tower)の高さを50メートル上回る362メートルだ。総建造費は10億ユーロ(約1270億円)。収容人数は、乗客6296人乗員2384人。

 4月末に2度目の試験航行を行ったあと、5月12日に世界最大のクルーズラインの一つである米ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(Royal Caribbean International)に引き渡される予定だという。(c)AFP