トップ > スポーツ > テニス > WTA

シャラポワが全豪OPでドーピング陽性、暫定的な処分へ

2016年3月8日 5:57 発信地:ロサンゼルス/米国

このニュースをシェア

シャラポワが全豪OPでドーピング陽性、暫定的な処分へ
1/14
米ロサンゼルスのホテルで記者会見するマリア・シャラポワ(2016年3月7日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Kevork Djansezian

【3月8日 AFP】(更新)女子テニス、元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(Maria Sharapova、ロシア)が7日、今年1月の全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2016)でのドーピング検査で、自身の検体から禁止薬物が検出されたと発表した。世界反ドーピング機関(WADA)が定める禁止物質リストに変更があったことが理由と釈明している。

 陽性反応が出たのはメルドニウム(Meldonium)という物質。2006年から使用していたもので、今年になって禁止薬物に指定された。シャラポワは薬剤を服用する前に、禁止物質のリストを確認しなかったという。

 米ロサンゼルス(Los Angeles)市内のホテルで記者会見したシャラポワ。「検査で陽性反応が出た。一切の責任を負う」と深刻な面持ちで語った。

「大きな過ちを犯しました。ファンの皆さんを、そして、私が4歳の頃から続け、愛してやまないこのスポーツを失望させてしまいました」と震える声で語ると、「これによって何らかの影響が出ることは分かっています。こんな形でキャリアを終えたくはない。もう一度プレーをするチャンスが与えられることを、心の底から願っています」と訴えた。

 国際テニス連盟(ITF)は声明を出し、1月26日の検査で、シャラポワの検体から禁止薬物が検出されたことを認め、今月2日に同選手に通知したことを明かしている。

「シャラポワ選手には、3月12日から暫定的な出場停止処分が科され、最終決定は保留されます」

 これを受けた露テニス連盟(RTF)の会長は、シャラポワが、8月のリオデジャネイロ五輪に出場できることを信じているとコメントしている。

 シャラポワは、会見の前日に「重大発表」を行うと予告し、自身の去就について発表するのではないかとの臆測も呼んでいた。

 これについてシャラポワは、「多くの方々は、今日、私が引退を発表すると思っていたでしょう。でも引退会見を行うとしたら、ロサンゼルスの市街地にあるホテルは選ばないでしょうし、ましてやこんな地味なカーペットでは」と、多少のユーモアを交えて答えた。

 それでも処方箋を出した医師の責任に話が及ぶと、沈痛な面持ちで「最後は自己責任」と自身の過失を強調した。(c)AFP/Rebecca BRYAN

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>