トップ > 環境・科学 > 科学・技術

スペースX、衛星打ち上げ成功 ロケット洋上着陸はまた失敗

2016年3月5日 19:17 発信地:マイアミ/米国

このニュースをシェア

スペースX、衛星打ち上げ成功 ロケット洋上着陸はまた失敗
米カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地で、海洋観測衛星「ジェイソン3」を搭載した米宇宙開発企業スペースXのロケット「ファルコン9」(2016年1月16日撮影、資料写真)。(c)AFP/NASA/BILL INGALLS

【3月5日 AFP】(更新)米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)は4日、「ファルコン9(Falcon 9)」ロケットの打ち上げに成功し、通信衛星を軌道に投入したが、ファルコン9の第1段機体を洋上の台船へを着陸させることには、予想された通り、失敗した。

 ファルコン9は、米航空宇宙機器大手ボーイング(Boeing)がルクセンブルクを本拠とする人工衛星企業SESのために開発した通信衛星「SES-9」を搭載し、現地時間4日午後6時36分(日本時間5日午前8時36分)に米フロリダ(Florida)州ケープカナベラル(Cape Canaveral)から打ち上げられた。

 スペースXのイーロン・マスク(Elon Musk)最高経営責任者(CEO)はツイッター(Twitter)への投稿で、「目標高度の4万600キロに到達した」と述べた。

 衛星は、静止軌道に無事到達しており、今後は、東南アジアのブロードバンド通信やテレビ放送に利用される。

 一方、スペースXではファルコン9の第1段機体を、フロリダの東海岸沖約600キロの大西洋(Atlantic Ocean)上に浮かぶ台船へ着陸させようと試みたが、これは成功しなかった。

 このことについてマスクCEOは「ロケットは台船に硬着陸した。今回は成功を期待していなかった」、「次は十分な可能性があると考えている」と述べている。

 スペースXは、今回は着陸の成功は期待していなかったと強調した上で、打ち上げに使ったロケットの回収・再利用技術を完成させるための取り組みの一環として、それでも(軟着陸を)試みたと述べた。

 同社は昨年12月に、ロケットの第1段機体を地上に着陸させることには成功しているが、洋上着陸にはこれまでのところ失敗している。(c)AFP/Kerry SHERIDAN

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>