トップ > ニュース > 政治

トランプ氏、討論会で過去最大級の「ひわいな」発言 米大統領選

2016年3月4日 18:44 発信地:デトロイト/米国

このニュースをシェア

トランプ氏、討論会で過去最大級の「ひわいな」発言 米大統領選
1/3
米ミシガン州デトロイトで行われた米大統領選の共和党候補指名を目指す4人による討論会で、両手を掲げるドナルド・トランプ氏(2016年3月3日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Chip Somodevilla

【3月4日 AFP】3日に行われた米大統領選の共和党候補指名を目指す4人による討論会で、首位を走る不動産王ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が開始から数分と経たないうちに、自分の性器についてほのめかすという、これまで11回行われた同討論会の中で最もひわいな類いの発言をした。

 8か月前にトランプ氏が出馬を表明した瞬間から、同氏の大げさな言動は、2016年米大統領選の象徴となった。だが、ミシガン(Michigan)州デトロイト(Detroit)で行われた共和党討論会で、トランプ氏はさらに低いレベルへ品位を下げた。

 トランプ氏は、ライバルであるフロリダ(Florida)州選出上院議員のマルコ・ルビオ(Marco Rubio)氏が、トランプ氏の手を「小さい」と述べて個人攻撃したことに触れ「彼(ルビオ氏)は私の手を糾弾した。私の手を糾弾する人間など、今まで誰もいなかった」と切り出した。両腕を上げたトランプ氏が「この手は小さいですか?」と問い掛けると、騒がしい観衆からは笑いとブーイングが巻き起こった。

 トランプ氏はさらに「彼(ルビオ氏)は私の手を引き合いに出した」と続け、「もし手が小さいなら、別の『モノ』も小さいに違いない。(だが)私は保証する、そちらは何の問題もない」と語った。

 ルビオ氏は、個人攻撃のせきを切ったのはトランプ氏のほうだと弁明し「トランプは基本的に誰でも個人攻撃している。(だから)そういった攻撃を受けるべき人間がいるとするならば、それはドナルド・トランプだ」と反論した。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>