トップ > 環境・科学 > IT

IT大手、アップル支持で団結 対FBI法廷闘争に参戦

2016年3月4日 7:55 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

IT大手、アップル支持で団結 対FBI法廷闘争に参戦
米ニューヨーク5番街のアップルストア前で、「侵入禁止」のマークを表示させたiPhoneを掲げ、政府に抗議する人(2016年2月23日撮影)。(c)AFP/Jewel Samad

【3月4日 AFP】米アップル(Apple)が、同社製スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」のロック解除をめぐり米連邦捜査局(FBI)と繰り広げている法廷闘争に3日、IT大手各社が参戦し、政府によるロック解除の強制が許されれば危険な前例となると警告した。

 グーグル(Google)、フェイスブック(Facebook)、マイクロソフト(Microsoft)、ヤフー(Yahoo)など、アップルの主要競合企業が加盟する3つの協会、インターネット協会(Internet Association)、i2連合(i2 Coalition)と米コンピューター通信産業協会(CCIA)は、昨年12月にカリフォルニア(California)州サンバーナーディーノ(San Bernardino)で起きた銃乱射事件の容疑者が使用していたiPhoneのロック解除命令に抵抗するアップルを支持する共同法廷助言書を発表。

 CCIAは声明で、「仮に政府の主張が通れば、インターネットの生態系が弱体化し、ハッカーなどの悪意ある主体に対し、ネット利用者はさらに無防備になる」と述べている。3協会によると、助言書は同日中に米カリフォルニア州の連邦裁判所に提出される予定だ。

 米世論を二分し、警察当局によるデジタル機器へのアクセス制限の是非をめぐる白熱した議論を巻き起こしているこの法廷闘争については、さらに多数の企業や団体が助言書を提出する見込みだ。

 CCIAのエド・ブラック(Ed Black)会長は、「IT業界のさまざまな企業の間で、この事案が危険な前例を作る可能性に対する広範で深い懸念が生じている」と指摘。「IT業界は政府が情報を欲しがっていることを理解し、われわれの安全を維持する政府の使命を尊重しているが、この件にかかわる、より広い意味でのセキュリティーと信頼の問題についても、裁判所が適切に考慮することを望む」と述べた。

 問題の発端は、昨年12月にサンバーナーディーノで起き14人が死亡した銃乱射事件の容疑者の一人が使用していたiPhoneのセキュリティーロック解除を求めたFBIの要請を、アップルが拒否したことだった。アップルは、ロックを解除する唯一の方法は弱体化させたOS(基本ソフト)の導入であり、このOSが漏出してハッカーや外国政府に悪用される恐れがあると主張している。

 CCIAには、アマゾン・ドットコム(Amazon.com)、パンドラ(Pandora)、サムスン電子(Samsung Electronics)などアップルの競合企業が加盟。インターネット協会には、ドロップボックス(Dropbox)、マイクロソフト、ヤフー、フェイスブックが加盟している。グーグルは、上記2協会に加え、i2連合にも加盟している。

 一方、これとは別にツイッター(Twitter)も、イーベイ(eBay)やリンクトイン(LinkedIn)、エアービーアンドビー(Airbnb)、レディット(Reddit)などIT企業16社と共同で、アップルを支持する法廷助言書を提出した。

 さらにインテル(Intel)も、アップルを支持する独自文書を裁判所に提出すると発表。またAT&T(AT&T)もアップル側に参戦し、ロック解除命令は警察当局の権限を越えており、議会で決められるべき問題だと主張した。(c)AFP

IT
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>