トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

モスクワ女児斬首事件、国営テレビ報じず物議

2016年3月2日 15:32 発信地:モスクワ/ロシア

このニュースをシェア

モスクワ女児斬首事件、国営テレビ報じず物議
1/2
ロシア・モスクワ市内で、女児殺害事件の容疑者の女が拘束された現場におもちゃを置く男性(2016年3月1日撮影)(c)AFP/DMITRY SEREBRYAKOV

【3月2日 AFP】ロシアの首都モスクワ(Moscow)で、ベビーシッターの女が預かっていた女児を殺害し、切断した頭部を掲げて路上を歩き回ったとされる陰惨な事件について、同国の国営放送が一切報道しなかったことから、物議を醸している。

 先月29日に起きた同事件では、年齢3~4歳とされる女児が、モスクワ北西部にある自宅アパートでベビーシッターの女に殺害され、頭部を切断されたとみられている。女は犯行後、アパートに火を付けて逃走し、モスクワ市内の地下鉄駅周辺で、女児の頭部を振りかざしながら「アラーアクバル」(アラビア語で神は偉大なりの意)や「一人残らず爆破する」などと叫んでいたとされる。

 容疑者はイスラム教徒が多いウズベキスタン出身で、3人の子どもを持つ女と特定された。捜査当局によると現在、精神鑑定を受けているという。

 大抵のことでは動じないモスクワ市民も、今回の事件にショックを受けている。また、女が女児の頭部を持っておよそ20分間、路上を歩き回っていたことから、捜査当局の職務怠慢を指摘する声も多数上がっている。

 事件の報道では、一部の小規模なテレビ局がショッキングな映像を放送した一方で、国営放送は事件そのものを報じなかった。

 これに対し、似たような凄惨な事件が欧米諸国で起きた場合には国営放送にこぞって取り上げられるとして、非難する声が上がっている。また、政府系テレビ局、第1チャンネル(Channel One)が2014年、ウクライナ東部で同国軍兵士が3歳の男児を板にはりつけにしたとの虚偽情報を報じたことを指摘する声も上がった。

 こうした批判を受け、ドミトリー・ペスコフ(Dmitry Peskov)露大統領報道官は1日、政府が国営放送に対して報道規制を行ったとの見方を否定。事件があまりにも残虐でテレビ放送には不適切だとの理由で報道を自粛した各局の判断は正しかったとの見解を示した。(c)AFP/Anna SMOLCHENKO

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>