トップ > ライフ > 文化・芸術

3400年前の裸体女性像、7歳少年が発見 イスラエル

2016年2月26日 15:48 発信地:エルサレム/中東・アフリカ

このニュースをシェア

3400年前の裸体女性像、7歳少年が発見 イスラエル
レバノン南部サイダ(シドン)にあるカナン時代の遺跡(2008年8月5日撮影、本文とは関係ありません)。(c)AFP/MAHMOUD ZAYAT

【2月26日 AFP】イスラエル北部ヨルダン渓谷(Jordan Valley)でハイキング中の7歳の少年が、古代パレスチナのカナン(Canaan)で3400年前に作られたとみられる小型の裸体女性像を発見した。イスラエル考古学庁(IAA)が25日、発表した。

 IAAによると、ベト・シェアン(Beit Shean)の南にあるテル・レホブ(Tel Rehov)遺跡を訪れていたオリ・グリーンハット(Ori Greenhut)君は、手に収まるくらいの小さな石の表面に「土に覆われた人物」が刻まれているのを発見したという。

 泥を拭き取ると、それは裸の女性をかたどった粘土製の小さな彫像だった。像の女性は髪の毛を編んでおり、腕を両脇に下げ、腰に手を当てて直立しているようにみえる。

 テル・レホブの遺跡発掘調査を率いるアミハイ・マザール(Amihai Mazar)氏は、「これは、紀元前15~13世紀のカナン文化に典型的にみられるものだ」と指摘する。

 マザール氏は、IAA発表の声明で「小像については、実在した生身の女性の姿だと考えている研究者もいれば、カナン文化の史料や聖書に登場する豊穣(ほうじょう)多産の女神アスタルト(Astarte)だとみる研究者もいる」と説明。また「都市レホブの住民の一人が所有していたものだったことは明らかだ。レホブは当時、古代エジプト王国の中央政府の支配を受けていた」とも指摘している。

 グリーンハット君は小像を家に持ち帰ったが、家族がこれをIAAに引き渡している。IAAはその見返りに、民間人の善意に対する感謝状をグリーンハット君に贈った。

 IAAによると、テル・レホブは後期青銅器時代に存在したカナン人の都市の遺跡だという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>