【2月21日 AFP】北朝鮮政府が処刑したとの報道があった朝鮮人民軍の総参謀長に、新たに李明秀(リ・ミョンス、Ri Myong-Su)元人民保安部長が就任した。国営朝鮮中央通信(KCNA)が21日、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)第1書記が指揮する軍事演習に関する報道の中で伝えた。

 金第1書記が視察した空軍の演習に関するKCNAの別の報道でも、李氏について言及された。

 今月初め韓国メディアは、前任の総参謀長、李永吉(リ・ヨンギル、Ri Yong-Gil)氏が処刑されたと報じた。北朝鮮では政府高官らの粛清や処刑が相次いでいる。韓国の聯合(Yonhap)ニュースによれば、李永吉氏は派閥形成や汚職を理由に処刑されたという。(c)AFP