トップ > スポーツ > スポーツ その他 > ボクシング

ナイキ、同性愛者差別発言のパッキャオと契約解除

2016年2月18日 9:10 発信地:ロサンゼルス/米国

このニュースをシェア

ナイキ、同性愛者差別発言のパッキャオと契約解除
米カリフォルニア州ビバリーヒルズで会見に臨むマニー・パッキャオ(2016年1月19日撮影)。(c)AFP/Chris Farina

【2月18日 AFP】米スポーツ用品大手ナイキ(Nike)は17日、プロボクサーのマニー・パッキャオ(Manny Pacquiao、フィリピン)の同性愛カップルは「動物以下だ」との発言を「忌まわしい」と非難し、同選手との契約を打ち切ると発表した。

 今週、パッキャオがフィリピンのテレビに出演した際のコメントが大きな論争を巻き起こしたことを受け、ナイキは同選手と手を切ると声明を発表した。

 同社は「マニー・パッキャオのコメントは忌まわしいものだと感じている。ナイキはいかなる差別にも厳重に抗議しており、LGBTコミュニティーを支援し、その権利を主張する長い歴史がある」と声明を発表している。

 信仰心のあついキリスト教信者のパッキャオは、激しい非難を受けてすぐさま謝罪していた。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>