トップ > 環境・科学 > 科学・技術

彗星着陸機フィラエに「さよならを」、地上管制官

2016年2月12日 19:42 発信地:パリ/フランス

このニュースをシェア

彗星着陸機フィラエに「さよならを」、地上管制官
欧州宇宙機関の彗星(すいせい)探査機「ロゼッタ」と着陸機「フィラエ」のイラスト(2004年2月6日提供)。(c)AFP/CNES/ESA/Handout

【2月12日 AFP】欧州宇宙機関(ESA)の彗星(すいせい)着陸機「フィラエ(Philae)」の地上管制官は12日、フィラエへの指令の送信を止めると述べ、「別れのあいさつを告げる時」と発表した。

 ドイツ航空宇宙センター(DLR)のフィラエプロジェクト責任者、シュテファン・ウラメク(Stephan Ulamec)氏は「ゆっくりした別れ──フィラエにさよならを言う時」と題された声明で、「着陸機から信号を受信する可能性は、ほぼなくなった」と述べた。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>