トップ > ニュース > 経済

空港と機内の迷惑客はブラックリストに掲載、中国

2016年2月12日 16:26 発信地:北京/中国

このニュースをシェア

空港と機内の迷惑客はブラックリストに掲載、中国
(c)Relaxnews/shutterstock.com/Jing Chen

【2月12日 Relaxnews】中国で、空港や航空機内でカッとなって迷惑行為に及んだ利用者をブラックリストに入れる新法が今月から施行され、当局が「前科」のある旅行客に注意を呼び掛けている。

 国営新華社(Xinhua)通信によると、中国航空運輸協会(CATA)では2月1日から、迷惑行為をしたとみなした乗客をブラックリストに掲載している。一旦ブラックリスト入りすると、1~2年間は記録されたままの状態となるという。

 迷惑行為に含まれるのは、客室乗務員に対する脅迫や暴行、チェックインカウンターや保安検査場、搭乗口での職員への妨害行為や攻撃、空港や機内でのけんかなど。また、操縦室に無理やり入ろうとする、指示がないにもかかわらず非常扉を開けようとする、テロ攻撃に関するデマを広めようとするなどの行為も、ブラックリスト掲載の対象となる。

 中国人観光客は、海外旅行市場で世界最大のシェアを誇り、購買力でも世界一。中国政府も海外での中国人旅行客のイメージ向上に苦心しており、昨年春から海外で問題行動を起こした中国人のブラックリスト掲載を開始している。

 たとえば海外旅行先で、公共交通機関を利用中に「反社会的」行為をしたり、個人や公共の資産に損害を与えたり、現地の習慣を軽んじたり、歴史的な展示品を壊したり、ギャンブルやポルノ的行為に及んだりして有罪となった人物はブラックリストに最大2年間掲載され、地元の警察や税関、交通当局、銀行などにも名前が通報されるという。(c)Relaxnews/AFPBB News

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>