トップ > ニュース > 戦争・紛争

「国境なき医師団」支援病院に空爆、3人死亡 シリア

2016年2月10日 14:27 発信地:パリ/フランス

このニュースをシェア

「国境なき医師団」支援病院に空爆、3人死亡 シリア
シリアの首都ダマスカス東郊のドゥマで、政府軍による空爆との情報の後、反体制派の制圧地域から立ち上る煙(2015年9月16日撮影、資料写真)。(c)AFP/ABD DOUMANY

【2月10日 AFP】シリア南部で5日、国際医療支援団体「国境なき医師団(MSF)」が支援している病院が空爆を受け、3人が死亡、6人が負傷した。MSFが9日、明らかにした。

 MSFは声明で、2月5日夜にヨルダンとの国境から約12キロのタファス(Tafas)にある野戦病院が空爆され、建物の一部が損壊し、救急搬送サービスが行えなくなったと発表した。死傷者には看護師1人が含まれるという。

 声明はさらに、空爆はこの2か月で激しくなっており、シリア南部ではこれまでにも医療施設が空爆による被害を受けてると述べている。だが空爆が誰によるものなのかについては明記していない。

 内戦で荒廃したシリア国内では、同国政府に加えて、米国主導の有志連合とロシアもイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」を標的とした空爆を行っている。

 シリアの支援団体は今年1月、2011年3月に同国が内戦状態に陥って以降、177の病院が破壊され、700人近い医療関係者が死亡したと発表している。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>