トップ > スポーツ > 自転車競技

露スポーツ相、自転車界には「いかなる種の問題」も存在しない

2016年2月9日 16:30 発信地:モスクワ/ロシア

このニュースをシェア

露スポーツ相、自転車界には「いかなる種の問題」も存在しない
自転車ロードレース、ヘラルド・サン・ツアーで撮影された選手の影(2016年2月6日撮影)。(c)AFP/MAL FAIRCLOUGH

【2月9日 AFP】ロシアのビタリー・ムトコ(Vitaly Mutko)スポーツ相は8日、ドーピング違反の報告がここ数週間続いているものの、同国の自転車界には「いかなる種の問題」も存在しないと話した。

 自転車競技のロシア代表チームについて、ムトコ氏は国営タス通信(TASS)に対し「選手とトレーナーを全面的に信頼している。ここでは、いかなる種の問題も見られない」と主張した。

 露反ドーピング機関(RUSADA)は先日、自転車トラック種目のチームスプリントで、欧州選手権(Track European Championships)を2連覇したエレーナ・ブレズニワ(Yelena Brezhniva)に対し、ドーピング違反で4年間の出場停止処分を科した。

 ブレズニワの処分に先立ち、ロシア選手権の元王者エドゥアルト・ヴォルガノフ(Eduard Vorganov)についても、先月禁止薬物リストに加わったメルドニウム(Meldonium)に検体が反応したことで、所属するチーム・カチューシャ(Team Katusha)からすべての活動を禁止されている。

 ロシアを拠点とするチーム・カチューシャでは、昨年のツール・ド・フランス(2015 Tour de France)でコカインの陽性反応が出たルカ・パオリーニ(Luca Paolini、イタリア)に続き、1年で2件目の薬物違反が発覚したことになる。

 世界反ドーピング機関(WADA)の独立委員会が、ロシア陸上界で横行する不正と、国ぐるみのドーピング事情を暴いたことを受け、同国は問題を根本から解決すると誓っている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>