トップ > ライフ > ヘルス

バナナの黒い点、皮膚がん早期発見に一役 研究

2016年2月9日 13:45 発信地:ニューヨーク/米国

このニュースをシェア

バナナの黒い点、皮膚がん早期発見に一役 研究
パキスタン東部ラホールの果物市場で、バナナをかごで運ぶ人(2015年10月19日撮影、資料写真)。(c)AFP/Arif Ali

【2月9日 AFP】バナナの皮の黒い点が、皮膚がんの早期発見に役立つかもしれない──。8日の独科学誌「応用化学(Angewandte Chemie)」に掲載された研究論文によると、バナナの皮を活用することによって、皮膚がんのより簡単な診断が可能となり、患者の生存率上昇も期待できるという。

 熟したバナナの皮には、丸くて小さな黒点が現れる。これはチロシナーゼとして知られる酵素の働きによるもので、この酵素はヒトの皮膚にもある。皮膚がんの中でも致死率の高い悪性黒色腫(メラノーマ)に苦しむ人に多くみられる。

 スイスの物理・分析電気学研究所(Laboratory of Physical and Analytical Electrochemistry)の科学者チームは、こうした共通性に注目。がん用のスキャナーを開発し、患者の皮膚での応用の前に、バナナの皮を使って試験と改良を重ねた。

 科学者らはまず、メラノーマの成長において、チロシナーゼが信頼性の高いマーカーになると考えた。最も早期の第1ステージのがんでは、この酵素はあまりみられない。しかし、第2ステージでは、少しずつ均等に広がり、そして第3ステージでは、不均等に拡散する。この第3ステージまでに、がんは他の器官に転移を始める。米国がん協会(ACS)によると、メラノーマがステージ1で検出された場合の10年生存率は95%だが、この数字はステージ3中期までに43%に激減するという。

 開発したスキャナーは、柔軟性のある微小電極8本で構成されており、「くし」状の形をしている。これを皮膚に当ててチロシナーゼの量とその分布を調べるのだという。

 チームリーダーのウベール・ジロー(Hubert Girault)氏は、「このスキャナーの利用で、侵襲的な組織検査は必要がなくなる」と述べ、また将来的には、がん細胞の破壊にも利用できる可能性があると期待を寄せた。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>