トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事故

おので割ろうとした不発弾が爆発、少年2人死亡 カンボジア

2016年2月8日 22:29 発信地:プノンペン/カンボジア

このニュースをシェア

おので割ろうとした不発弾が爆発、少年2人死亡 カンボジア
ポル・ポト派(クメールルージュ)の拠点だった、タイ国境近くのカンボジア・パイリンに立つ、残留地雷を警告する看板(2007年7月21日撮影、資料写真)。(c)AFP/TANG CHHIN SOTHY

【2月8日 AFP】カンボジア中部のコンポントム(Kampong Thom)州で、遺棄されていた携行式ロケット弾(RPG)をおので割って開けようとした少年2人が、ロケット弾の爆発により死亡した。警察が8日、発表した。

 AFPの取材に応じた地元警察によると、12歳と14歳の少年2人はいとこ同士で、5日に自宅近くで野鳥狩りをしていたところ、不発弾を発見した。おのを使って不発弾を割ろうとしたところ、不発弾が爆発し、2人は即死したという。一緒にいたもう1人の少年は無傷で助かり、警察や村人に知らせた。

 不発弾は、携行式のロケット弾発射機「RPG-2」の改良型で、ベトナム戦争やベトナムによるカンボジア侵攻の際によく使用されたロケット弾発射機「B-40」のものだという。

 1960年代から30年近くにわたる内戦に陥ったカンボジアは、世界で最も爆撃を受け、最も多くの地雷が残る国の一つとされ、貧困国になり果てた。全土に残る数百万の不発弾を除去するために大きな努力をしているが、とりわけ子どもたちが不発弾の危険性を認識せずに死傷する事故が依然、後を絶たない。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>