トップ > ニュース > 社会

酔った議員のけんか頻発、議場に飲酒検査導入 ブラジル

2016年2月7日 13:00 発信地:リオデジャネイロ/ブラジル

このニュースをシェア

酔った議員のけんか頻発、議場に飲酒検査導入 ブラジル
フランス西部トゥールで、呼気アルコール検査をする男性(2011年12月1日撮影、資料写真)。(c)AFP/ALAIN JOCARD

【2月7日 AFP】ブラジル北東部パライバ(Paraiba)州ピアンコ(Pianco)の市長が、酒に酔った議員らのけんかが市議会で頻発していることを受け、議場に入る際の飲酒検査を議員に課した。メディアが6日、報じた。

 同議会は、必ずけんか騒ぎとなることから、地元では「犬のおり」として悪名高いという。

 ペドロ・アウレリアーノ・ダ・シルバ(Pedro Aureliano da Silva)市長が昨年末に呼気アルコール検査装置を導入して以来、議会はかなり静かになったという。同市長は、「こうした手段を用いていなければ、市議会を閉鎖しなければならなかっただろう」と述べた。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>