トップ > 環境・科学 > IT

マイクロソフト、海底へのデータセンター設置を計画

2016年2月2日 10:25 発信地:サンフランシスコ/米国

このニュースをシェア

マイクロソフト、海底へのデータセンター設置を計画
米カリフォルニア州サンフランシスコで撮影された米マイクロソフトのロゴ(2014年3月27日撮影、資料写真)。(c)AFP/Josh Edelson

【2月2日 AFP】米マイクロソフト(Microsoft)は1日、海底にデータセンターを設置するプロジェクトを進めていることを明らかにした。

「プロジェクト・ナティック(Project Natick)」と呼ばれる同計画では、研究者らが昨年、米国の太平洋岸から約1キロ離れた海底に格納容器の試作品を設置して約4か月にわたる実験を行ったという。

 マイクロソフトは同プロジェクトの推進理由として、世界人口の約半分が広大な水域の近くに住んでいることや、インターネットのクラウド上に置かれているソフトウエアの利用も増えてきていることから、近距離の海底にデータセンターを設置すれば、コスト削減と情報アクセスの迅速化につながる可能性を挙げている。

 海流や潮流はデータセンターの動力源として活用でき、低水温による自然冷却も期待できるという。プロジェクトの次の段階として、最初の実験で使用されたものより20倍のコンピューター処理能力を備えた格納容器の設置も検討されている。(c)AFP

IT
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>