トップ > ニュース > 社会

元ナチス・アイヒマンの恩赦求める書簡公開、イスラエル

2016年1月28日 9:58 発信地:エルサレム/中東・アフリカ

このニュースをシェア

元ナチス・アイヒマンの恩赦求める書簡公開、イスラエル
1/8
公開されたアドルフ・アイヒマンの手書きの書簡。エルサレムで(2016年1月27日撮影)。(c)AFP/GALI TIBBON

【1月28日 AFP】元ナチス・ドイツ(Nazi)親衛隊のアドルフ・アイヒマン(Adolf Eichmann)が、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)での自らの役割について「寛大な措置」を求めた手書きの書簡が27日、イスラエルで公開された。書簡が送られたのは、死刑が執行される2日前だったという。

 アイヒマンは、1960年に逃亡生活を送っていたアルゼンチンで、イスラエルの情報機関モサド(Mossad)によって身柄を拘束され、イスラエルへと連行された。イスラエルでの裁判では有罪となり、死刑判決を受けた。

 公開された書簡でアイヒマンは、イスラエルでの裁判が、ユダヤ人600万人に死をもたらしたヒトラーの「最終的解決」の実行計画で果たした自分の役割を誇張していると訴えている。

 書簡は、当時の大統領イツハク・ベンツビ(Yitzhak Ben-Zvi)氏に宛てらたもの。これまで未公開だったが、イスラエルのレウベン・リブリン(Reuven Rivlin)大統領が、27日のホロコースト犠牲者を想起する国際デー(International Holocaust Remembrance Day)の式典で公開した。

 書簡には、「責任ある指導者と、私のように、指導者の手中にある単なる道具として強制的に務めさせられた人間とを分けて考える必要がある。私は責任ある指導者ではなかった。その理由から、私は自らを有罪とは思えない」とあり、刑の執行停止を訴えた。アイヒマンは、5月31日深夜に死刑に処された。

 ホロコースト計画の中心的人物の一人だったアイヒマンは、第2次世界大戦後に捕虜収容所から脱走し、1950年にアルゼンチンに逃亡。現地では偽名を使っていたが、1960年5月に首都ブエノスアイレス(Buenos Aires)で拘束され秘密裏にイスラエルに連行された。

 アイヒマンを裁判にかけた事実はユダヤ人国家イスラエルにとっての誇りで、同国史上重要な出来事とリブリン大統領は述べている。(c)AFP/Joe Dyke

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>