トップ > ニュース > 戦争・紛争

IS、メンバーの月給を半減 空爆で財政悪化か

2016年1月20日 10:55 発信地:ベイルート/レバノン

このニュースをシェア

IS、メンバーの月給を半減 空爆で財政悪化か
イラク・アンバル州で、白と黒の旗を掲げるイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の前身組織「ISIL」とつながりを持つ過激派グループのメンバーとされる人物。ユーチューブ動画より(2013年8月23日取得)。(c)AFP/YOUTUBE

【1月20日 AFP】イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が、シリアとイラクで活動するメンバーの月給を半分に減らす方針を布告したことが分かった。在英の非政府組織(NGO)「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」が19日、伝えた。米主導の有志国連合やロシアによるISの石油関連施設への空爆強化により、財政状況が悪化した可能性がある。

 同監視団が公表した、給与削減に関するISの声明とされる文書には、メンバーは階級にかかわらず、全員が減給されると書かれている。ラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表はAFPの取材に対し、ISのシリア人戦闘員の月給は約400ドル(約4万7000円)から約200ドル(約2万3500円)に減ることになると説明。シリア人戦闘員の2倍の給料を受け取っている外国人戦闘員の場合も、約400ドルに削減されると述べた。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>