トップ > 環境・科学 > IT

ツイッター、世界中で大規模障害 原因は「コード変更」

2016年1月20日 8:40 発信地:サンフランシスコ/米国

このニュースをシェア

ツイッター、世界中で大規模障害 原因は「コード変更」
米サンフランシスコにあるツイッター本社の入り口に掲げられた同社のロゴ(2011年3月11日撮影)。(c)AFP/Kimihiro Hoshino

【1月20日 AFP】マイクロブログのツイッター(Twitter)で19日、世界各地での利用が数時間にわたり不可能となる障害が発生した。10年にわたるツイッターの歴史の中でも最大級の障害となった。

 ツイッターはグリニッジ標準時(GMT)の19日午後6時(日本時間20日午前3時)すぎ、公式アカウントへの投稿で、障害からの復旧を発表。原因は「内部のコード変更に関係したもの」だったが、「変更を取り消し、問題は解決された」と説明した。

 ネット障害情報サイト「ダウンディテクター(DownDetector)」によると、ユーザーによる障害の報告はGMTの19日午前8時~午後2時(日本時間19日午後5時~11時)に急増し、同日午後4時(日本時間20日午前1時)までには落ち着いた。

 ツイッター欧州支部の広報担当者も、障害の発生を確認。また、南アフリカ、ブラジル、フィリピン、ナイジェリア、ウガンダでも、フェイスブック(Facebook)でのハッシュタグ「#twitterdown(ツイッターがダウン)」付きの障害報告が相次いだ。

 ロンドン(London)とパリ(Paris)では、19日午前にアクセス不能な状態が1時間ほど続いた後に復旧。だが、両市では同日午後に接続が途切れる状態が続いた。また、ロシアを含む一部地域では現在も障害が続いている。(c)AFP

IT
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>