トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

仏サッカーファン殴り込み、披露宴ぶち壊したら人違い

2016年1月7日 17:18 発信地:ビルフランシュシュルソーヌ/フランス

このニュースをシェア

仏サッカーファン殴り込み、披露宴ぶち壊したら人違い
仏中部サンテティエンヌのスタジアムで歓声を上げるフランス・リーグ1サンテティエンヌのサポーター(2014年10月26日撮影、資料写真)。(c)AFP/PHILIPPE DESMAZES

【1月7日 AFP】フランスで、サッカーチームのサポーター集団がライバルチームに「宗旨替え」した元サポーターに報復しようと結婚披露宴に殴り込みをかけたところ、式場を間違えて無関係のカップルの披露宴をめちゃくちゃにしてしまうという事件があった。

 6日に行われた裁判によると、フランス・リーグ1に所属するサンテティエンヌ(AS Saint-Etienne)の過激なサポーター集団は昨年9月、仏東部ドニセ(Denice)の邸宅で開かれた結婚パーティーを奇襲。覆面姿で会場に乱入し、鉄の棒を振り回して食事やウエディングケーキを手あたり次第に打ち壊した。

「マジック・ファンズ(Magic Fans)」と呼ばれるこのサポーター集団の怒りの矛先は、花婿だった。彼らは、この花婿がサンテティエンヌを裏切り、積年のライバルであるオリンピック・リヨン(Olympique Lyon)の応援に「宗旨替え」したと信じて報復を企てたのだ。

 ところが、襲った花婿は人違いだった。

 出廷した26~48歳の男10人は、チームに対する忠誠の約束を裏切った男性に報復する格好の機会だと考え、この男性の「人生最良の日をぶち壊し」たかったという。裁判では10人のうち9人が現場にいたことを認め、「恥ずかしいことをした、反省している」と述べた。(c)AFP/Gregory DANEL

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>