トップ > ニュース > 経済

コカ・コーラの新年あいさつ、露とウクライナで猛抗議受け削除

2016年1月6日 10:15 発信地:キエフ/ウクライナ

このニュースをシェア

コカ・コーラの新年あいさつ、露とウクライナで猛抗議受け削除
仏パリ郊外の工場で山積みにされたコカ・コーラ(2015年11月12日撮影、資料写真)。(c)AFP/ERIC PIERMONT

【1月6日 AFP】米飲料大手コカ・コーラ(Coca-Cola)が消費者向けに投稿した新年のあいさつが、ロシアが併合したウクライナ南部クリミア(Crimea)半島をめぐる怒りを両国で買ってしまった。

 ロシアは2014年3月、黒海(Black Sea)に突き出したクリミア半島を併合。この問題は両国間の危機の引き金となる要因として依然残っている。

 事の発端は、ロシアで最も人気の高いソーシャルネットワーク「VK」にコカ・コーラが投稿した新年のメッセージに、クリミア半島を含まないロシアの地図が添えられていたことだった。

 これに対しVKのロシア人ユーザーらが猛反発。これを受けて同社は5日、今度はクリミアも含めたロシアの地図を投稿し、謝罪した。ついでに新しい地図には、日本が北方領土(Northern Territories)として領有権を主張する島々を含むクリール諸島(Kuril Islands、千島列島)も描かれていた。

 しかしこの「修正」によりコカ・コーラは、今度はウクライナ側から集中砲火を浴び、同国内では不買運動の呼び掛けも始まった。

 とうとうさじを投げた同社のウクライナ子会社は、問題の新年メッセージを削除した。また米国のコカ・コーラ本社も5日に声明を出し、今回の問題について謝罪。その一方で「地図はコカ・コーラ・ロシアがクリスマスキャンペーンの一環として外部の業者に作成を委託したもので、この業者がその後、当社の関知しないところで許可なく改変した」として、責任はこの業者にあると主張した。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>