トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

ソーセージを「馬のペニス」にたとえた英国人、禁錮5年の恐れ キルギス

2016年1月4日 19:42 発信地:ビシケク/キルギス

このニュースをシェア

ソーセージを「馬のペニス」にたとえた英国人、禁錮5年の恐れ キルギス
キルギスの首都ビシケクの市場で、伝統料理の馬肉ソーセージを売る人(2009年4月1日撮影、資料写真)。(c)AFP/EVAN HARRIS

【1月4日 AFP】中央アジアのキルギスで、現地の珍味である馬肉ソーセージを馬のペニスになぞらえたとして、カナダ企業が保有する金鉱山で働く英国人男性が、最長5年の禁錮刑を受ける恐れが出ている。キルギス当局が3日、明らかにした。

 キルギス内務省の報道官がAFPに語ったところによると、カナダ・トロント(Toronto)に本社を置くセンテラ・ゴールド(Centerra Gold)の従業員、マイケル・マクフィート(Michael Mcfeat)さんは、問題とされているコメントを米交流サイト(SNS)のフェイスブック(Facebook)に投稿。それをきっかけにキルギスの首都ビシケク(Bishkek)の南東約350キロにあるクムトール(Kumtor)金鉱山で一時的なストが起き、警察に身柄を拘束された。

 マクフィートさんはこの投稿で、伝統料理の馬肉ソーセージ「チュチュク(chuchuk)」を指して、キルギス人の同僚らが祭日の期間中に「珍味である馬のペニス」に行列をつくっていると記した。

 内務省の発表によると、このコメントに対して他の従業員たちが激しく反発。うち120人余りがマクフィートさんの逮捕を要求する請願書に署名した。現在も警察に身柄を拘束されているマクフィートさんは、人種的憎悪を扇動した罪で最長5年の禁錮刑を言い渡される恐れがあるという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>