トップ > 環境・科学 > 環境

北極点で気温が急上昇、平均より20度高い零度以上に

2015年12月31日 14:45 発信地:モントリオール/カナダ

このニュースをシェア

北極点で気温が急上昇、平均より20度高い零度以上に
北極圏の北極点付近でヘリコプターから撮影されたホッキョクグマ(2015年4月21日撮影、資料写真)。(c)AFP/NTB SCANPIX/Tore Meek

【12月31日 AFP】世界各地で異常気象が続くなか、北極点(North Pole)では30日、気温が急上昇し、厳冬期平均よりも約20度高い気温を記録した。

 カナダの気象当局は気温の急上昇について、今冬、北米にこの時期としては記録的な暖かさをもたらす一方で、英国には暴風雨や洪水をもたらしている異常な低気圧が原因だとしている。

 この低気圧は現在アイスランド付近の上空にあって、北向きに暖気を引き込みながら北大西洋で風速38.6メートルというハリケーン並みの暴風と高さ約9メートルの波をもたらしている。

 この強力な低気圧が暖かい空気を北極点にまで押し進め、気温が通常よりも20度ほど高い零度~2℃まで上昇しているとカナダ政府の気象学者、ナタリー・ハセル(Nathalie Hasell)氏はいう。

 さらに北極点環境観測台(North Pole Environmental Observatory)の米科学者ジェームズ・モリソン(James Morison)氏によれば、北極点から300キロの位置にある北極圏の観測地点でも、2日前の28日まで氷点下37度を記録していた気温が30日には氷点下8度まで急上昇した。

 北極圏は、ここ数十年の気候変動の影響を最も強く受けている。年間の平均気温は産業革命前比で3度上昇。降雪量や風速も増し、この30年で氷床が縮小し続けている。(c)AFP/Clement SABOURIN

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>