【12月12日 AFP】「ドナルド、あれは映画だよ!」――2016年米大統領選挙の共和党指名獲得争いトップの不動産王ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏から、映画『エアフォース・ワン(Air Force One)』で見せた愛国心の強い行動を称賛された米俳優ハリソン・フォード(Harrison Ford )氏がこう反論する動画が、インターネット上で人気を集めている。

 1997年公開の同作品の中で、フォード氏は専用機をハイジャックしたテロリストに立ち向かう米大統領を演じた。

 トランプ氏は先日、米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)とのインタビューで「私は、ハリソン・フォードが大好きだ。彼が私の所有する物件を借りてくれているからだけじゃない。彼は、米国のために立ち上がった人物だ」と述べた。

 これに対し、フォード氏は9日、オーストラリアで朝のテレビ番組「スタジオ10(Studio 10)」に出演した際、半ば本気の顔で反論。「あれは映画だ、ドナルド。映画なんだよ!」と、かすかな笑みを浮かべ、カメラをまっすぐ見つめてコメントした。「現実の世界とは違う。どうしたら分かってもらえるかな?」

 この場面を映した動画は10日、ソーシャルメディア上でトレンド入りし、動画共有サイトのユーチューブ(YouTube)でも多数の人々に視聴された。(c)AFP