トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

着陸中にレーザー照射、操縦士が目に大けが 英空港

2015年11月24日 11:52 発信地:ロンドン/英国

このニュースをシェア

着陸中にレーザー照射、操縦士が目に大けが 英空港
英ロンドンのヒースロー空港を走行するブリティッシュ・エアウェイズの航空機(2010年7月30日撮影、資料写真)。(c)AFP/BEN STANSALL

【11月24日 AFP】英国航空操縦士協会(BALPA)は23日、英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)の航空機が今春、ロンドン(London)のヒースロー空港(Heathrow Airport)に着陸した際、操縦室に向けて「軍用並みの強さ」のレーザー光線が照射され、副操縦士が片目の網膜に深刻な傷を負っていたことを明らかにした。

 副操縦士はその後、イングランド(England)北部シェフィールド(Sheffield)の病院に搬送され、以来、職務に復帰していないという。同副操縦士の氏名は、雇用をめぐる裁判が進行中であるため公表されていない。

 BALPAによれば、操縦士らがレーザーで攻撃される事例は、プレゼンテーションで使われるレーザーポインターの普及と出力向上に伴い、増加している。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>