トップ > 環境・科学 > 科学・技術

エジプトのピラミッドに「温度の異常」、内部に未知の空間か

2015年11月10日 12:29 発信地:カイロ/エジプト

このニュースをシェア

エジプトのピラミッドに「温度の異常」、内部に未知の空間か
1/4
赤外線サーモグラフィー調査が行われたエジプト・カイロ近郊のクフ王のピラミッド前で研究者らと共に記者会見するエジプトのマムドゥフ・ダマティ考古相(左、2015年11月9日撮影)。(c)AFP/KHALED DESOUKI

【11月10日 AFP】ピラミッドの秘密を解き明かすためエジプトで2週間前から行われているサーモグラフィー調査で、クフ(Khufu)王のピラミッドを含む複数のピラミッドに「温度の異常」が見つかった。研究チームが9日、発表した。

 先月25日に始まった調査プロジェクト「スキャンピラミッド(Scan Pyramids)」は、ピラミッド内部の未知の部屋の発見を目的としている。調査対象はギザの大ピラミッド(Great pyramid of Giza)として知られる最も高いクフ王のピラミッドを含む4基のピラミッド。

 エジプト、フランス、カナダ、日本の考古学者や科学者から成るチームが出した共同声明によると、サーモグラフィー調査の結果、クフ王のピラミッドでは東側の地表の高さの部分で、一部の石灰岩のブロックの温度が他よりも高いことが示されたという。

 研究チームは、こうした異常を説明するにはピラミッド内部の空間の存在や気流など、多くの仮説や可能性が考えられるとしている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>