トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事故

トラ襲撃で飼育員死亡、動物園は殺処分しない方針 NZ

2015年9月21日 17:57 発信地:ウェリントン/ニュージーランド

このニュースをシェア

トラ襲撃で飼育員死亡、動物園は殺処分しない方針 NZ
独ベルリンの動物園が飼育する雄のスマトラトラ(2014年3月27日撮影、資料写真)。(c)AFP/JOHN MACDOUGALL

【9月21日 AFP】ニュージーランドの動物園で20日、この動物園で飼育されているスマトラトラに襲われて女性飼育員が死亡する事故が起きた。動物園側は、事故がトラの「本能」に起因するものとして、このトラを殺処分にはしない方針であることを発表した。

 オークランド(Auckland)ハミルトン(Hamilton)にあるハミルトン動物園(Hamilton Zoo)で20日朝に起きた事故では、経験豊富な女性飼育員サのマンサ・クデワ(Samantha Kudewah)さんが雄のスマトラトラのオズ(Oz)に襲われ死亡している。

 運営にかかわる同市市議会は21日、クデワさんの死を悲しい事故とする一方、オズを殺処分にしたところで得るものは何もないとの考えを発表した。

 市議会は発表した声明文で、「オズのようなトラを扱う飼育員に危険はつきものだが、現在のところ、より大きな危険はない。よってオズを殺処分とする理由はない」と述べ、「これは私たちの使命であり、オズに関する決定は全て私たちに委ねられている。オズはスマトラトラのなかでも重要な存在だ。また2匹の子トラの父親で、この希少なトラの繁殖計画に欠かせない」との決定理由を明らかにした。

 スマトラトラは国際自然保護連合(International Union for Conservation of NatureIUCN)によって絶滅の恐れがある動物に指定されており、野生での生息数は500頭ほどと推定されている。

 ハミルトン市議会の発表に先立ち、インターネット上ではオズの殺処分に反対するサイトで5000人以上が署名したほか、フェイスブック(Facebook)では「オズを救おう(Help Save Oz)」と題されたページが立ち上げられ、こちらも1万以上の「いいね」を集めた。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>