トップ > ライフ > ライフ

お茶くみ職に7万5千人殺到、公務員人気で インド

2015年8月26日 14:41 発信地:ニューデリー/インド

このニュースをシェア

お茶くみ職に7万5千人殺到、公務員人気で インド
インドの首都ニューデリーで、客を待つお茶の販売員(2015年7月14日撮影、資料写真)(c)AFP/Anna ZIEMINSKI

【8月26日 AFP】インドの地方当局が、お茶くみなどを行う召使い30人を募集したところ、7万5000人もの応募が殺到したため、採用計画を中止する事態となった。応募者の中には資格を持つ技術者や経営を学んだ大卒者もいたという。

 求人広告を出したのは中部チャッティスガル(Chhattisgarh)州の経済・統計局。募集されたのは「ピューン」と呼ばれる召使い職で、月給1万4000ルピー(約2万5000円)とされていた。

 同局のアミターブ・パンダ(Amitabh Panda)局長によると、オンラインでの応募が7万人、直接持ち込みの応募が5000人に達したため、志願者向けに計画していた試験は中止された。同局長は25日、AFPに対し「現実とは思えない」と語り、求人の全行程を見直していると述べた。志願者は2000~3000人を想定していたという。

 英国の植民地支配の遺産であるインドの巨大な官僚組織は、民間企業と比べ特に安定した雇用の場とみられており、その人気は最も低いレベルの仕事であっても高い。応募者らが職を得るために数千ルピーの賄賂を支払っているとの情報もたびたび伝えられている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>