トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

転んで1億8000万円の名画に「穴」、台湾

2015年8月25日 19:53 発信地:台北/台湾

このニュースをシェア

転んで1億8000万円の名画に「穴」、台湾
美術館に展示された絵画(2015年3月31日撮影、本文には関係ありません)。(c)AFP/ANDREAS SOLARO

【8月25日 AFP】台湾で行われた美術展を訪れた12歳の少年が会場内で転倒し、150万ドル(約1億8000万円)相当の17世紀のイタリアの名画に穴を開けてしまった。

 被害に遭った絵画は、台北(Taipei)で行われていた美術展に出品されていた55点の中の1つで、17世紀のイタリアの画家パオロ・ポルポラ(Paolo Porpora)の油彩画「花」。

 美術展の主催者が発表したビデオ映像によると、今月23日に来場した少年はこの作品の前にあった台につまずいて倒れ込み、自分の体を支えようとして絵画に手をついた。少年は途方に暮れた様子で周囲を見回した後、絵の前から立ち去った。絵画にはこぶし大の穴が開いた。

 台湾の通信社、中央通信社(Central News Agency)によれば、主催者側は少年の家族に賠償は請求しないとしている。主催者は24日、作品は現場で修復作業中だと明らかにした。

 この美術展には、2億ユーロ(約280億円)相当のレオナルド・ダビンチ(Leonardo Da Vinci)の自画像も出展されていた。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>