トップ > 環境・科学 > 科学・技術

56万年前のヒトの歯、仏16歳少女が発見

2015年7月29日 10:55 発信地:トゥールーズ/フランス

このニュースをシェア

56万年前のヒトの歯、仏16歳少女が発見
1/6
フランス南西部のトータベル近郊のアラゴ洞窟で見つかった約56万年前のヒトの歯(2015年7月28日撮影)。(c)AFP/RAYMOND ROIG

【7月28日 AFP】(写真追加)フランス南西部のトータベル(Tautavel)で、16歳の少女が、56万年前のヒトの歯を発見した。研究者らは、「非常に大きな発見」としている。

 発見者のカミーユさん(16)は、ボランティア考古学者として別の若い考古学者と一緒に作業に当たっていた際、この歯の化石を見つけた。

 古人類学者のアメリー・ビアレ(Amelie Viallet)氏は28日、AFPの取材に対して、「異なる複数の測定方法によって55万~58万年前のものと分かった地層の発掘中、成人の大きな歯が発見された。男性か女性かについてはまだ判断できない」「欧州ではこの時代のヒト化石がほとんど見つかっていないため、これは非常に大きな発見だといえる」と指摘した。

 歯の化石が見つかったトータベルは、世界で最も重要な先史時代の遺跡の一つとされ、約50年前から発掘作業が行われており、推定約45万年前に生きていたトータベル人(Tautavel Man)の化石も発見されている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>