トップ > ニュース > 戦争・紛争

オランダ、バイク集団の対「イスラム国」戦参加を容認

2014年10月15日 10:33 発信地:ハーグ/オランダ

このニュースをシェア

オランダ、バイク集団の対「イスラム国」戦参加を容認
オランダ・アムステルダム(Amsterdam)に向かって連なって走る、欧州各国から集まった1万人近いバイカーたち(1997年6月14日撮影、資料写真)。(c)AFP/OLAF KRAAK

【10月15日 AFP】オランダ検察当局は14日、同国のバイク愛好家らがイラク北部でイスラム教スンニ派(Sunni)の過激派組織「イスラム国(Islamic StateIS)」との戦いを続けるクルド人に合流したとの報道を受け、イスラム国との戦闘に加わることは必ずしも犯罪行為とは言えないとの見解を示した。

 バイク愛好家集団「ノー・サレンダー(No Surrender)」のリーダー、クラース・オットー(Klaas Otto)氏はオランダ放送協会(NOS)のインタビューに対し、イラク北部のモスル(Mosul)に入った同集団のメンバー3人が、それぞれアムステルダム(Amsterdam)、ロッテルダム(Rotterdam)、ブレダ(Breda)の出身であることを明らかにしていた。

 また、クルド語とオランダ語で作成されているツイッター(Twitter)のアカウントには、タトゥーを入れた「ロン(Ron)」と呼ばれるオランダ人男性が戦闘服を身に着け、カラシニコフ(Kalashnikov)ライフルを手にクルド人男性と並ぶ写真が掲載されている。

 こうした情報を受け、オランダ検察庁のウィム・デブルーイン(Wim de Bruin)報道官はAFPに対し、「外国の武装勢力に加わることは、過去には国内での処罰の対象だったが、現在は禁じられていない」と説明。一方で「オランダを相手に戦うことは禁止されている」と述べた。

 同報道官はまた、トルコ政府やその他の多数の国からテロ組織に指定されているクルド人武装組織「クルド労働者党(Kurdistan Workers' PartyPKK)」への加入は、オランダ国民には認められていないと指摘。さらに、クルド人勢力に加わり拷問やレイプなどの犯罪に加担した国民は、当然ながら訴追されることになると警告した上で、「ただ、非常に離れた場所で起きることについての検証は難しいだろう」と語った。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>