【4月23日 AFP】南アフリカのムプマランガ(Mpumalanga)州で先週末、同州観光・公園局(Mpumalanga Tourism and Parks AgencyMTPA)の金庫に保管されていた、時価十数億円相当のサイの角40本が盗まれた。地元紙ローベルダー(Lowvelder)が21日、報じた。

 MTPAの関係者によると、犯人は2重の鍵が取り付けられた鋼鉄製の金庫2つを破り、サイの角を持ち去ったという。

 南アフリカのジュエリーデザイン会社ジェナ・クリフォード(Jenna Clifford)の最高経営責任者(CEO)を務め、自然保護活動家としてサイの密猟防止キャンペーンを支援するデックス・コッツェ(Dex Kotze)氏は、盗まれた角の時価総額は1600万ドル(約16億円)に上る可能性があると語った。

 南アフリカの祝日に当たる21日の時点で、MTPAと警察からのコメントはまだ得られていない。

 南アフリカでは、サイの密猟の発生件数が上昇しており、今年に入ってすでに270頭以上ものサイが殺されているという。

 世界全体における個体数の70~80%に当たる2万頭近いサイが生息している南アフリカでは、自然公園で陸と空からのパトロールを実施し、軍の支援を受ける自然保護官の数を増やしているにもかかわらず、サイの密猟が後を絶たない。(c)AFP