トップ > ニュース > 政治

「汚職する公務員は手を切り落としてしまえ」、プーチン大統領

2008年3月12日 6:33 発信地:モスクワ/ロシア

このニュースをシェア

「汚職する公務員は手を切り落としてしまえ」、プーチン大統領
1/2
モスクワ(Moscow)で、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)の新本部を訪問し、射撃場で拳銃を構えるウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領(2006年11月8日撮影)。(c)AFP/ITAR-RTASS/PRESIDENTIAL PRESS SERVICE

【3月12日 AFP】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領が、公務員の汚職に対して、奇抜な、そして古式ゆかしい解決法を提案した。露メディアが11日に報じた。

 タス通信(ITAR-TASS)などによると、プーチン大統領と会談を行ったロシア共産党のゲンナジー・ジュガーノフ(Gennady Zyuganov)委員長は会談中、「アパートを100棟建設するために、許可証と賄賂がどれほど必要なことか」と述べ、公務員の汚職について不満を訴えた。

 これに対しプーチン大統領は、「中世のように、(汚職する者の)手を切り落としてしまえばいい。そうするだけで、賄賂を要求するような手はすぐになくなるさ」と答えたという。

 同大統領は、日頃から汚職はロシア最大の深刻な問題との認識を示している。

 ロシア検察当局によると、同国内での1年間の賄賂の総額は、2400億ドル(約25兆円)に上るという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>