【2月4日 AFP】(一部更新、写真追加)アフリカ中部の大湖(Great Lakes)地域で3日、大きな地震が2度発生、少なくともルワンダで34人、コンゴ(旧ザイール)で6人が死亡、数百人が、骨折するなどのけがを負った。

 最初の地震の震源地は、コンゴ東部のブカブ(Bukavu)北方約20キロメートル。マグニチュード(M)6を観測し、ブカブ中心地では、家屋が倒壊したり、ビルに深い亀裂ができるなどの被害が出ている。

 同国ゴマ(Goma)の観測所によると、最初の地震は3日午前9時34分(日本時間同日午後4時34分)に発生、M5を観測した2度目の地震は、同日午後12時56分(日本時間同日午後7時56分)に発生した。(c)AFP