【10月17日 AFP】 男子テニス、木下グループジャパンオープン(Kinoshita Group Japan Open Tennis Championships 2023)は16日、シングルス1回戦が行われ、西岡良仁(Yoshihito Nishioka)は6‐7(14‐16)、6‐4、1‐6でマルコス・ギロン(Marcos Giron、米国)に屈し、初戦敗退となった。

 この日は大会第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev、ドイツ)が敗退する中、第5シードのトミー・ポール(Tommy Paul、米国)と第8シードのフェリックス・オジェ・アリアシム(Felix Auger-Aliassime、カナダ)はともに勝ち上がりを決めた。

 ポールは3‐6、6‐1、6‐3でダニエル・アルトマイヤー(Daniel Altmaier、ドイツ)に、オジェ・アリアシムは7‐6(7‐3)、6‐7(2‐7)、6‐2でアレクサンダー・ブキッチ(Aleksandar Vukic、オーストラリア)にそれぞれ勝利した。(c)AFP