【4月25日 AFP】女子ゴルフ米国ツアー、DIOインプラントLAオープン(DIO Implant LA Open 2022)は24日、米カリフォルニア州ロサンゼルスのウィルシャーCC(Wilshire Country Club、パー71)で最終日が行われ、4打差の首位から出た畑岡奈紗(Nasa Hataoka)は1イーグル、4バーディー、2ボギーの「67」をマークし、通算15アンダーで米ツアー6勝目を挙げた。

 2位に5打差をつけての優勝で、通算15アンダーは昨年にブルック・ヘンダーソン(Brooke M. Henderson、カナダ)がマークした大会記録まで1打差に迫るスコアだった。また前週のロッテ選手権(Lotte Championship 2022)では予選落ちしていた中でとりわけうれしい優勝となった。

 ハナ・グリーン(Hannah Green、オーストラリア)が通算10アンダーで2位に入り、マデレーン・サグストロム(Madelene Sagstrom、スウェーデン)、イ・ミンジ(Minjee Lee、オーストラリア)、朴仁妃(In-Bee Park、イン・ビー・パーク、韓国)が通算7アンダーで3位タイだった。世界ランキング1位の高眞榮(Ko Jin Young、コ・ジンヨン、韓国)は通算2アンダーの21位タイに終わった。(c)AFP