【2月23日 AFP】中国外務省の華春瑩(Hua Chunying)報道官は23日、米国がウクライナ危機でロシアに対する制裁を発表したことに対し、「緊張を高めてパニックを生み出している」と非難した。
 
 ジョー・バイデン(Joe Biden)米大統領は先に、制裁は「第1弾」にすぎず、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領が独立を承認したウクライナ東部ドネツク(Donetsk)・ルガンスク(Lugansk)両州にある二つの領域を越えて軍事的な支配権を広げるなら、さらなる制裁に直面するだろうと警告した。

 報道官は報道陣に対し、「(米国は)緊張を高めてパニックを生み出し、戦争の計画だとして騒ぎ立てている」と批判した。さらに、米国はウクライナに武器を送り、緊張を激化させているとも指摘した。(c)AFP