【7月27日 AFP】米大リーグ(MLB)、ヒューストン・アストロズ(Houston Astros)で昨年のサイ・ヤング賞(Cy Young Award)に輝いたジャスティン・ヴァーランダー(Justin Verlander)が右腕を負傷し、数週間離脱することが26日に分かった。

 アストロズのダスティ・ベイカー(Dusty Baker)監督は、ヴァーランダーが右前腕の張りで数週間チームを離れる見通しだと明かしたが、今季絶望になるかもしれないという懸念は払いのけた。

 ベイカー監督は「彼は数週間の離脱になり、われわれはその後再び診断を行う」とコメントした。

 ヴァーランダー自身もSNSで「私が今季の残りを欠場するという報道は正確ではない」と記し、長期離脱になるという臆測を否定した。

「前腕部に張りがある。休養を取って治ること、すぐに復帰できることを期待している。皆さんのお見舞いの言葉に感謝する」

 37歳のヴァーランダーは、24日に8-2で勝利したシアトル・マリナーズ(Seattle Mariners)との開幕戦で先発登板。6回73球を投げて被安打3、2失点、1四球、7奪三振で勝利投手になった。(c)AFP