【7月18日 AFP】米ニューヨークの高級マンションで、裕福な若手IT起業家の男性が切断された遺体で発見され、地元警察は17日、男性の秘書が殺人罪で訴追されたと発表した。

 タイリース・ハスピル(Tyrese Haspil)容疑者(21)は、ナイジェリアのバイク配車・デリバリーサービス「ゴカダ(Gokada)」のファヒム・サレー(Fahim Saleh)最高経営責任者(33)を殺害したとみられている。

 ニューヨーク市警(NYPD)のロドニー・ハリソン(Rodney Harrison)氏は記者団に対し「ハスピル容疑者はサレー氏の秘書で、同氏の資金管理や身の回りの世話をしていた。容疑者はまた、サレー氏に多額の借金があったとみられる」と語った。

 サレー氏の遺体は14日午後、マンハッタン(Manhattan)の自宅で発見された。切断された胴体の近くには電動のこぎりがあり、頭部と手足は自宅内の別の場所で見つかった。

 ハリソン氏によると、ハスピル容疑者は13日、サレー氏をテーザー銃で襲った後、殺害したとみられている。(c)AFP