【3月12日 AFP】米首都ワシントンでバーテンダーとして働くダンジェール・ウィリアムス(Danjale Williams)さん(22)は、多くの米国人同様、新型コロナウイルスによる感染症の拡大に不安を感じている。

 しかし、ウィリアムスさんが感染よりも恐れているのは、感染した場合に発生する払えるとは思えないほど高額の医療費だ。

 米国では2750万人近くが医療保険に加入していない。「医療費がものすごいので、病院へ行くのに二の足を踏むと思う」と言うウィリアムスさんもそうした一人だ。「病気になっても、健康を保つのに十分な貯金がない」

 先月29日に同国初の死者が報告された米西部でも、新型コロナウイルスの拡大が始まっている。公衆衛生の専門家らは、米国には他の富裕国にない脆弱(ぜいじゃく)性がいくつかあると警告する。

 このような脆弱性には、保険未加入者の数が膨れ上がっていること、当局との接触を恐れる1100万人前後の不法移民が存在すること、病気になっても失職を恐れて休まない「パワースルー(困難な状況でもなんとかやり切る)」文化があることが含まれる。

「これらすべてがウイルスのまん延を助長する」と、カリフォルニア大学リバーサイド校(UC Riverside)の疫学者ブランドン・ブラウン(Brandon Brown)氏は警告する。

■保険未加入者

 無保険状態の米国人の数は2010年の4670万人がピークで、バラク・オバマ(Barack Obama)前政権時代の医療保険制度改革法(Affordable Care Act、通称オバマケア、Obamacare)以降減り始めていた。だが2年前から再び増加しており、現在の保険未加入者は2750万人と、全人口の約8.5%に上っている。

「(新型コロナウイルスの)感染拡大が続けば、われわれがすでに取り組んでいるのに解決できていない医療格差問題の一部が浮き彫りになる」と、ジョンズ・ホプキンス病院(Johns Hopkins Hospital)生物学的封じ込めチームのブライアン・ガリバルディ(Brian Garibaldi)医長は語る。

 保険未加入者が病気になった場合、頼るものが全くないわけではない。米国法では支払い能力にかかわらず、緊急治療は受けられると定められている。だが、無料になるわけではなく、保険未加入の場合は後に多額の医療費が請求される可能性がある。