【11月29日 AFP】サッカーヨーロッパリーグ(UEFA Europa League 2019-20)は28日、グループJ第5節が各地で行われ、ASローマ(AS Roma)は敵地でイスタンブールBBSK(Istanbul Basaksehir)を3-0で下し、決勝トーナメント進出の望みをつないだ。

 アウェーのローマはヨルダン・ヴェレトゥ(Jordan Veretout)、ユスティン・クライフェルト(Justin Kluivert)、エディン・ジェコ(Edin Dzeko)にゴールが生まれ3点のリードを手にしたが、60分頃にはMFロレンツォ・ペレグリーニ(Lorenzo Pellegrini)に複数のコインが投げられる一幕があり、負傷した同選手は頭に包帯を巻いてプレーした。

 勝ち上がりの可能性を残したローマは、勝ち点でイスタンブールBBSKを上回り、同日ボルフスベルガーAC(Wolfsberger AC)を1-0で下したボルシア・メンヘングラッドバッハ(Borussia Moenchengladbach)と同ポイントになったが、得失点差により2位につけている。(c)AFP