【10月8日 AFP】インドの警察当局は7日、新婚夫婦とその家族が流れの速い川で自撮りをしようとしたところ、新婦ら4人が流されて水死したと明らかにした。

【関連記事】自撮りの死亡率は、サメの襲撃の5倍 インドの医学誌

 地元警察によると、6人は手をつないで、腰の高さまで川の水につかっていたところ、女性1人が川底の急に深くなっている所に足を踏み入れて転び、5人も一緒に引き込まれたという。

 通信社PTIによると、新郎が女性1人を救助したが、新婦と少年(14)を含む4人は水死したという。

 専門家らは、ソーシャルメディアに夢中になっている若者たちが、大胆で危険に見える自撮り写真を投稿するために手段を選ばないと警告している。

 全インド医科学研究所(AIIMS)が昨年実施した調査によると、2011年~17年に自撮り中に死亡した人の数は、全世界で259人に上った。死者数が最も多かったのはインドで、ロシア、米国、パキスタンと続いた。(c)AFP