【12月26日 AFP】フランス・リーグ1、パリ・サンジェルマン(Paris Saint-GermainPSG)に所属するカメルーン代表FWのエリック・マキシム・チョウポ・モーティング(Eric Maxim Choupo-Moting)が、ここ1か月で2度目の盗難被害に遭ったことが分かった。警察関係者が25日に明かした。

 先月行われた欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2018-19)のリバプール(Liverpool FC)戦中にも、50万ユーロ(約6300万円)以上相当の宝石やハンドバックを盗まれたチョウポ・モーティングの自宅は、24日に再び狙われた。犯人はパリにある同選手の自宅のドアをこじ開け、警報機が鳴ると逃走したと伝えられている。

 PSGでは、ホームで行われた22日のナント(FC Nantes)戦の最中にも、キャプテンを務めるチアゴ・シウバ(Thiago Silva)が空き巣被害に遭っている。

 また、昨年12月にフランス杯(French Cup 2017-18)でストラスブール(RC Strasbourg)と対戦していた時にも、当時の指揮官で現在はイングランド・プレミアリーグのアーセナル(Arsenal)を率いているウナイ・エメリ(Unai Emery)氏の自宅に窃盗犯が入っていた。(c)AFP