【11月29日 AFP】28日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2018-19)のパリ・サンジェルマン(Paris Saint-GermainPSG)戦に1-2で敗れたリバプール(Liverpool FC)のユルゲン・クロップ(Juergen Klopp)監督は、相手選手のリアクションのせいで自チームの選手たちが「殺し屋のよう」に見えたと話した。

 クロップ監督は「後半にあった50万回の混乱が、われわれが克服しなければならなかった小さな困難だった。そして、審判はいまだにすべて判定が正しかったと思っている」と述べた。

「われわれはイングランドで最もフェアなチームの一つだが、今夜は殺し屋のようだった」

 PSGは前半、フアン・ベルナト(Juan Bernat)とネイマールの得点でペースをつかんだが、前半アディショナルタイムにはジェームス・ミルナー(James Milner)にPKを決められたことで、この重要な一戦は最後まで予断を許さない展開となった。

 本拠地アンフィールド(Anfield)以外の会場で行われたチャンピオンズリーグで5連敗となったリバプールは、昨シーズンの決勝進出からわずか6か月しか経過していないにもかかわらず、グループステージ敗退の危機に直面している。

 同組の試合ではナポリ(SSC Napoli)がレッドスター・ベオグラード(Red Star Belgrade)を3-1で下しており、リバプールが勝ち上がりを決めるには、2週間後に行われるナポリとのホームゲームで2点差以上をつけるか、1-0で勝利しなければならなくなった。

 クロップ監督は英BTスポーツ(BT Sport)に対し、「出だしは予想していたのに近い内容だった。とても荒々しくて激しく、PSGはあらゆるリスクを冒していた」とコメントした。

「彼らはセカンドボールを拾い、2ゴールを挙げた。われわれはもちこたえる必要があったが、少しの主導権を手にすると試合はすぐには分からないものになった」

「われわれは結果を受け入れなければならないが、まだ少しひどい気分だ。もう一度アンフィールドの地の利を生かさないといけない」

 また、リバプールの主将ジョーダン・ヘンダーソン(Jordan Henderson)は、最終節のナポリ戦に勝利することでチャンピオンズリーグでの命運を自分たち自身で決められると話している。

「アウェーで勝てると十分に思っていたからがっかりしている」「最終的にはわれわれの夜にならなかったが、ハーフタイムに士気を上げ戦い続けた。アンフィールドで勝ちを取り戻して、命運を自分たち自身で決めなければならない」

「アンフィールドで大一番がもう1試合残されている。われわれはこの状況を切り抜け、次のラウンドに進出できる」 (c)AFP