【1月31日 CNS】中国・広西(Guangxi)柳州市(Liuzhou)の柳州駅。市民らは列車に乗るため、身分証が一体化した乗車券を顔認証システムに通して駅に入っていく。駅職員は、「乗車券、身分証、人」の3つを一元的に確認する顔認証システムによって、より安全になり、自動化によってスムーズになったという。

 広西の鉄道は、「顔認証」時代に突入している。中国鉄路南寧局集団は春節(旧正月、Lunar New Year)をめどに南寧市(Nanning)、桂林市(Guilin)、北海市(Beihai)などの駅に計214台の顔認証専用改札機を設置する計画だという。(c)CNS/JCM/AFPBB News